音楽番組

2020年コロナ禍・紅白歌合戦は中止?無観客開催?リモート開催?五輪延期で目玉もなし

紅白

2020年の紅白歌合戦は例年通りにはいかないが準備するとNHKの会長が発表しました。

多くの歌番組が無観客で収録や放送を行っており、紅白だけ通常通りというわけにはいかないというのが現状でしょう。

今年の冬にはコロナの第二波があると警鐘を鳴らす専門家も多くいることから、状況を見ながら中止なのか、無観客など縮小して開催するのか判断が迫られそうです。

【2020年紅白歌合戦】中止?

今年は戦後初甲子園が中止になっていますし、中止の可能性も十分にあります。

NHKホールのキャパが3800人。

「3密」の環境になるため通常開催できないでしょう。

しかしNHKとしてはなんとしても中止だけは避けたいところだと思います。




【2020年紅白歌合戦】無観客開催?

一番可能性が高そうなのは無観客での開催。

多くの音楽番組が無観客で、複数のスタジオを使ってソーシャルディスタンスを保って放送しています。




【2020年紅白歌合戦】リモート開催?

無観客で開催し、リモートで出演という可能性もあります。

しかしリモートでは画質も音質も落ちてしまうので難しいところもあります。




【2020年紅白歌合戦】まとめ

2019年は10月に観覧募集があったので遅くても9月にはどのように開催するかを決定しなくてはいけません。

今年は「チコちゃんに叱られる」の岡村隆史の不適切発言、「麒麟が来る」の沢尻エリカの降板し、不祥事続きです。

さらにオリンピックの延長で目玉もありません。

SNSでは「中止でよい」の声も案外多かったですが、今年の開催がどうなるか発表を待ちましょう。